サッカーにかける想い

山雅ほかサッカーにかける想いをつづります。よろしくお願いします。

輝く未来 - 松本山雅ユース出身選手の活躍


1. 樋口大輝 - 中盤を牽引する若き才能

松本山雅FCの中盤を司る樋口大輝選手。アンテロープ塩尻ジュニアから松本山雅FC U-18への入団を経て、2013年にトップチームへ加入。2023年シーズンにはJ2リーグで25試合に出場し、2得点を挙げています。そのプレースタイルと豊富な才能が、クラブとファンに大きな期待を寄せさせています。

2. 神田渉馬 - ゴールを目指して駆け抜けるストライカ

フォワードとして活躍する神田渉馬選手。南松本サッカースポーツ少年団から松本山雅FC U-15への入団を経て、2019年にトップチームに昇格。2023年シーズンにはJ2リーグで19試合に出場し、3得点を決めています。彼の俊敏な動きと冷静なフィニッシュは、相手ディフェンスを苦しめています。

3. 小林克也 - 輝かしい経歴と日本代表経験

ミッドフィールダーとして活躍する小林克也選手。松本山雅FC U-18出身で2004年にトップチームに昇格し、その後2006年にFC東京へ移籍。2023年シーズンにはJ1リーグで28試合に出場し、4得点を挙げています。その実力は国内外で高く評価され、日本代表にも選出された経歴を持つ。

4. 松本山雅ユース - 才能の源泉

これらの選手は、松本山雅ユースが輩出した優れた才能たちの一部です。ユース組織は将来を担う選手たちにとって理想的な場であり、クラブやサッカー界全体に多大な貢献をしています。松本山雅ユースの将来のスターたちに期待し、彼らの成長を心から応援しましょう。