サッカーにかける想い

山雅ほかサッカーにかける想いをつづります。よろしくお願いします。

信州ダービー - 松本山雅とAC長野パルセイロ、燃えるライバルと共に歩んだ軌跡


1. 熱いライバル関係 - 地域リーグ時代から続く激闘

信州ダービーは、松本山雅FCAC長野パルセイロが対戦するサッカーの試合であり、その歴史は1997年の北信越フットボールリーグで初めての対戦にさかのぼります。地域リーグ時代から続く激しいライバル関係は、両クラブのファンを熱くさせ、信州地方にサッカーの熱狂を広めました。

2. カテゴリーの不一致からの再会 - J3での対決が実現

2012年から2021年まで、所属カテゴリーの不一致から公式戦での信州ダービーが行われませんでした。しかし、2022年に両クラブがJ3に昇格し、久しぶりにJリーグでの対決が実現しました。サポーターとともに、長い間待ち望まれた瞬間が訪れたのです。

3. 初のJリーグ対決 - 松本山雅FCの無敗で幕を閉じる

2023年のJ3リーグでは、信州ダービーが4回も実現。その結果、松本山雅FCが2勝2分けと無敗でダービーシーズンを終えました。各試合で繰り広げられた熱戦は、両クラブのサポーターにとって忘れられない瞬間となりました。

4. サポーターの情熱 - 信州の誇りを胸に

信州ダービーは単なる試合だけでなく、サポーター同士が互いを尊重し、情熱を共有する場でもあります。松本山雅FCAC長野パルセイロのサポーターは、ライバルとして戦いながらも、地域の誇りを胸に共感し合っています。

5. 応援の輪 - 同じ県民として、両クラブを応援しよう

信州ダービーを通じて、県内のサッカーファンは互いを鼓舞し、地域スポーツの発展に寄与しています。長野の誇りを胸に、松本山雅FCAC長野パルセイロも共にがんばれる未来に期待しましょう。