サッカーにかける想い

山雅ほかサッカーにかける想いをつづります。よろしくお願いします。

小松蓮選手の軌跡: 松本山雅のエースが歩んだユース時代


小松蓮選手が松本山雅FCのエースとして活躍する姿に感動する一方で、その道のりはユース時代からの努力と成長の歴史であったことを振り返ります。山雅ファンとして、彼の輝かしい現在はユース時代に積み重ねた努力と経験に裏打ちされていたことを嬉しく思います。

小松蓮選手のユース時代のエピソード:

アカデミーからのスタート

小松選手は松本山雅FCのアカデミー出身で、U-15からプレーしていました。クラブに愛される一員として、彼は才能を開花させていきました。

Jユースカップでの躍進

高校3年時、Jユースカップではベスト4入りを果たしました。この大会で培った経験が、小松選手のプレースタイルの基盤となったことでしょう。

トップチーム登録と挫折

2016年には2種登録選手としてトップチームに登録されましたが、昇格は果たせませんでした。しかし、この経験が小松選手をより強くし、次なるステップに進む原動力となりました。

岸野靖之監督の影響

中2の冬に岸野靖之さんがユースの監督に就任し、小松選手は3人のジュニアユースとともに練習に参加。その結果、彼だけがユースに上がることができました。岸野監督の見抜いたポストプレイヤーとしてのプレースタイルが、後に小松選手の特徴となりました。

困難な環境への対応

中3の時、ユースの試合に出場し続ける中、チームは県3部リーグからスタートし、週に一度の試合が土曜日に組まれました。ユースの練習場までの自転車通学は45分かかり、雨や雪でも欠かせませんでした。これらの困難な状況も小松選手の成長に寄与しました。

小松蓮選手の今と未来:

ユース時代の努力が、小松蓮選手の現在の活躍につながっています。山雅ファンとして、その輝かしい未来に期待を寄せ、彼を今後も心から応援し続けます。彼の奮闘がクラブにとっての誇りとなり、ますます素晴らしい実績を重ねていくことを願っています。