サッカーにかける想い

山雅ほかサッカーにかける想いをつづります。よろしくお願いします。

松本山雅のパートナー、長野銀行 - 地元愛とサポートの歴史


1. 地元密着の長野銀行

松本山雅FCを支えるパートナーである長野銀行は、長野県松本市に本店を構え、地元密着の金融機関として親しまれています。その地元への愛情と共感が、クラブとの強力なパートナーシップの礎となっています。

2. 松本山雅FCとの歴史的な結びつき

2010年から、長野銀行松本山雅FCのユニフォームスポンサーをつとめ、クラブのユニフォームに誇りを込めてロゴを掲げています。これは地域とスポーツとが一体となる姿勢の表れであり、クラブとの強固な結びつきを象徴しています。

3. 新たな展開 - 八十二銀行との経営統合

2022年9月28日、長野銀行は新たな展開を発表し、八十二銀行との経営統合を計画しています。この統合は、2023年6月をめどに八十二銀行を完全親会社、長野銀行を完全子会社にする形で進められ、その後2年後には合併を目指すとのことです。この発表は、地域金融機関の一層の発展を図る戦略の一環であり、地元経済への更なる貢献を目指しています。

4. 松本山雅FCへのサポート継続へのコミットメント

経営統合に伴う変化の中でも、松本山雅FCへのサポートは続きます。長野銀行は引き続き、クラブと共に歩み、地域スポーツの振興と地元コミュニティへの影響力を拡大していくことを表明しています。

まとめ

長野銀行は地元愛とスポーツへの情熱をもって、松本山雅FCと共に歩むパートナーとして、クラブと地域社会に豊かな影響をもたらしています。今後の経営統合においても、クラブへのサポートが継続され、新たな歴史を築いていくことでしょう。