サッカーにかける想い

山雅ほかサッカーにかける想いをつづります。よろしくお願いします。

パウロ・ロベルト・ゴンサガ - 松本山雅のムードメーカーとしての軌跡

 

 

1. 選手の基本情報

松本山雅FCの中心選手であるパウロ・ロベルト・ゴンサガ選手、通称パウリーニョ。1989年1月26日生まれのミッドフィールダーで、身長177cm、体重77kgの存在です。

2. ブラジル時代の経歴

彼のサッカーの道は、ブラジルのCAメトロポリターノからスタートしました。その後、グレミオFBPAやCRヴァスコ・ダ・ガマといったクラブに期限付き移籍し、経験を積んでいきました。

3. 来日と日本でのプレー

2010年7月、日本の栃木SC期限付き移籍。その後、川崎フロンターレジェフユナイテッド市原・千葉などで活躍し、2015年にはJリーグ月間MVPに選ばれました。湘南ベルマーレを経て、2016年に松本山雅FC期限付き移籍。その後、ファジアーノ岡山FCを経て、2021年に再び松本山雅FCに復帰しました。

4. キャプテンとしてのリーダーシップ

2012年には栃木SCでキャプテンに就任。その後も数クラブでキャプテンとしてプレーし、2017年シーズン終了後には松本山雅FCに完全移籍しました。彼のリーダーシップはチームにとって不可欠なものとなっています。

5. 2023シーズン - 負傷と契約更新

2023シーズンにおいても契約が更新され、チームへの貢献が期待されています。しかし、5月15日のAC長野パルセイロ戦で右膝を負傷し、全治4週間との診断が下されました。彼の早い回復を祈りつつ、復帰後のプレーに期待がかかります。

6. ムードメーカーとしての役割

パウリーニョ選手は単なる選手に留まらず、チームのムードメーカーとしても知られています。彼のポジティブなエネルギーは、ピッチ上での戦いだけでなく、チーム全体に勢いを与えています。

7. 期待の未来へ

キャプテンとして、リーダーとして、そしてムードメーカーとしての役割を果たし続けるパウリーニョ選手。彼の今後のプレーに期待が高まります。怪我の克服と、松本山雅FCの更なる飛躍に向けて、ファンは彼を強力にサポートしています。